読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェスティバル

毎日が小さなお祭り

1日乗り越えた

初出勤。

緊張してえづきそうになる。相変わらず胃が弱い。特に朝は。

朝はバタバタして忙しいらしく一時間くらいぼーっとしていた。
初めて自分のデスクができたのが嬉しかった。
デスクトップのパソコンがいい感じ。

昼前にベテランの人と営業回りに行く。
話が面白くいろいろな事を教えてくれる。
説明に説得力があって「あっ この人の話好きやなぁ」と思う。

田舎の道に入ったところで運転がまだ慣れていない私に慣れてもらうためにと運転を交代する。

何度か自家用車で練習したのもあってわりと問題なく走れた。
まだまだカーブと駐車はぎこちないけど。

今日出会った他の社員の人もみんな悪い人はいなさそうでよかった。

楽しみながら早く一人前になりたいと思った。

明日から頑張ります。

明日から新しい職場で働くことになっている。

前職と関わりのある業種で営業。

未経験のお仕事なのでどうなるのか考えてもおらずなるようになれ!という気持ちが正直なところだ。

職場の人の縁に恵まれたいと思っている。
仕事をやりがいもって楽しみたいと思っている。
そうは思っても少しダメなら辞めるしかないという気持ちもある。ほんのちょっぴり。

1年ぶりにしっかりとした出勤時間を過ごすことになるので今日は早く寝たいと思う。

明日から頑張ります。
おやすみなさい。

笑顔の素敵な大人カジュアル美人をナンパしてしまった話

もうしないように備忘録として書いておきますね。
単刀直入にいうとわりと人見知りな私がおしゃれカジュアルなお姉さんをナンパした話です。

ナンパというとものすごく軽いノリに聞こえますが声をかけるときはものっすごくドキドキでしたからナンパの最上級的なものだと思っていただければ幸いです。

場所は某大型書店でした。
平積みされるたくさんの雑誌や書籍、多種多様な本が並びます。

私はいつも本屋さんに行くとまず話題書のコーナーに向かい興味をもったものを一通りパラパラと見るのですが
そこにあったのがネコの特集号の雑誌でした。
可愛いネコがたくさん載っていて、飼い主さんの一言があるような内容でした。
その雑誌を優しい微笑みで見ている方がいました。

色白で鼻筋の通った綺麗系のルックスながらファッションはカジュアルな雰囲気でとても素敵な方でした。ニューバランスのスニーカーを綺麗なシルエットのボトムで合わせてたのがよかったです。
女優の西田尚美さんを20代後半から30代前半くらいに若くしたような感じでしっかりしたお姉さんという印象。
f:id:Yamafes:20160206211702j:image

その優しくネコ(の雑誌)を見つめる笑顔が素敵でどうしても気になってしまいました。
メモ用に持っていた無印良品のメッセージカードにさらっとLINE IDと名前を書いて渡しました。

私「さっき見かけてどうしても気になってしまって、よかったらお友達になってもらえませんか?」
というようなことを伝えたと思います。正直ドキドキであんまり覚えてません。

西田さん「えっ」

びっくりした様子から(当たり前や)一歩引かれて申し訳なさそうな口調で

西「私、結婚してるので…すみません」

!!
既婚者に声をかけてしまってこちらの方が申し訳ない気持ちでいっぱいになって丁重に謝ってその書店を後にしました…
いきなり声をかけたことでびっくりさせてしまったなというのも失礼なことだと事後思い至り、歩いている道中10回は溜息でましたね…

やはり笑顔の人は魅力的だなと改めて思いましたね。でもしっかりプロセスを経て関係性をつくるのも大事だと思いました。

新年一発目恒例 抱負記事

明けましておめでとうございます。

2015年 年末ジャンボ、ミニジャンボは見事に外れましたので2016年に運気持ち越しとさせていただいております。

まったく年末感を感じぬまま2016年を迎えたんですけどせっかくなので抱負を書いて意識づけたいと思います。

  1. やりたいと思える仕事に就く
  2. 一年で100万円貯金をする
  3. 体重を55kgまで上げる
  4. ブログを週一更新にする
  5. 夏フェス2カ所以上行く
  6. 2時までに寝る習慣をつける
……
というのを大晦日に書いて忘れておりました。
全く意識できてないままはや二週間になろうとしておりますので改めて頑張りたいと思います。

年末だ。

年末である。
もう今年も残り一週間ほどで終わるというのに例年よりも暖かくて外にもあまり出かけないせいか年末感皆無である。

社会人になってからは大晦日までフル稼動で働いてたから今年はそれがないのも一因なんだと思う。
美容師の12月ってめっちゃくちゃ忙しい
多分どこのサロンもだと思うけど一年で一番お客さんが来てくれる月なので
必然的に年間で最高の売り上げを叩き出す。

みんな休みが減りながらも必死に一カ月働いて
「今年も一年お疲れ様でした〜!」
ってやつ大変だったけどやりがいはあったなぁ
スタイリストなって初めての12月はやっぱここで一番売り上げあげなきゃと躍起になってたしモチベーションすごく高かったと思う。
急いで実家に帰った年もあれば、大晦日終わってから先輩と銭湯に年越し風呂入りに行ったりと年末はなにかと印象に残ってる。

年末というと年末ジャンボ
買いましたよ、えぇ、ちょこっとだけ。
母が大阪まで宝くじ買いに行きたいと言うので一緒に大阪の第4ビルの宝くじ特設売り場まで
たくさんのひとが並んでて賑わってました
この売り場から今年は当たりは出るのでしょうか?楽しみです。

年が明けたら初詣でも行きたいなと思います。
今年はおみくじ何が出るかな
来年は良い一年になりますようにお願いしてこよう


BUMP OF CHICKENについて

先日NHKで放送された「SONGS」という番組でBUMPが特集された。
彼らは滅多に地上波に出ることはなく、話題の紅白出場というのも今まで何度もオファーを受けていたが断っていたという話をよく見かける

ボーカル藤原の言葉に「ライブはお茶の間で煎餅かじりながらみるもんじゃない」、「ブラウン管を通して評価されたくない」という様な言葉があるのは有名な話で
そんな露出の少ない彼らが徐々にではあるが地上波番組に出演したり、タイアップに以前より積極的になったり、フェスなどのイベントに改めて参加するようになったのはどういう変化なんだろうかと時々考えてしまう

私がバンプを初めて聴いたのは中学生の時カウントダウンTV天体観測がチャートインした時だった
それからポータブルMDにフレイムベイン ザ リビングデッド ジュピターのアルバムを録音して何度も何度も聴いていた
こういうところから中二病というのは始まる

初めてアーティストのライブにチケットを買って観に行ったのもバンプだった
大阪城ホールで4人が出てきた瞬間は感動しすぎて本当に実在する人なんだと改めて思った笑

それから何度かライブには行ったけどその時ほどの感動を得ることはできなかったし、バンプが今までの頑ななまでの硬派な姿勢を少しずつ崩してタイアップに応じていく中で徐々に熱が冷めるように興味がわかなくなっていった
新曲をリリースしてもいい曲だけどなんか違うなって思ってしまって何度も繰り返し聴くようにはならなかった

初めてライブに行ったあの頃がちょうど10周年くらいだったのでもう10年たつことになる
SONGSを観て、天体観測を聴いて鳥肌が立つ
ガラスのブルースで何かわからない心がギュッとする、藤原の声はテレビを通しても心に響いて、それをちゃんと会場で自分の耳で聴きたくなってしまって行くつもりのなかった20周年記念ライブ「20」の先行予約を申し込んでいた

記念すべきライブで彼らの地元千葉でこれまでの集大成を聴くことができるなんてそう簡単にできるとは思ってないけどチケットを当たることを祈ってます

ハグしてほしいです

先日受けた採用面接
お祈り郵便が届き残念ながら不採用となった

ということでかなりへこんでいる
夜になると寂しい気持ちも相まって辛みが増してくるのでツイッター
「誰かハグしてくれませんか?」
と呼びかけツイートした程だ(もちろん返事も反応もなかった)

こういう時気持ちが暗くなったりするのがいけないと分かっているので特に用事は無かったけど人のいる駅前に出かけてウィンドショッピングをしたり本屋さんで面白そうな本を探したりした
(芥川賞とった羽田さんの小説が今日見た中で面白そうだった)

気は紛れるけど用事がなくなると不安が襲ってくるのでやっぱり人と話すのが一番いいと思い
友人とごはんにいってきた

その友人はつい先日婚約をした幸せ野郎だったのでなんとなく幸せな雰囲気を分けてもらえた気がする
友人も仕事が大変だよ〜と悩んでいたようで話を聞いたり聞いてもらったりしたら
「あ〜、悩んでるのは俺だけじゃないんやな当たり前やけど」と思えて楽になった…のかな?

そういえばこの時の仕事探してた時は大変だったなぁと振り返れる日が早く来るように願って転職活動ひきつづき頑張ろうと思う
いつか喜びのハグができるように…